ホームサービス・サポートQ&A

Q1: サンプルプログラムをUSB18FIO-ADタイプで実行したところ正常に動作しない。
A1: Ver1.02.05以前のバージョンでは、サンプルプログラムはUSB18FIO-DIOタイプ用のみとなっています。”ユーザーズマニュアル”の”サンプルプログラムの説明”を参照の上USB18FIO-ADタイプ用に修正してから実行してください。また、Ver 1.02.06よりUSB18FIO-AD用サンプルが添付されています。サービス・サポート→ソフトウェアダウンロードより最新版をダウンロードしてご利用ください。

Q2: 添付のCDソフトをインストールしたのにデータロガーソフトがインストールされない。
A2: データロガーソフトは別途インストールが必要です。以下のインストーラーを実行しインストールしてください。
インストールフォルダ\DtLog\DtlogSetup.msi をダブルクリックして実行してください。

Q3: データロガーを実行しても収集データファイルが生成されない。
A3: 以下の場合収集されないので、確認してください。
@指定した保存ファイル名のフォルダへのアクセス権限がない場合。
A収集開始トリガ指定時でトリガ条件が成立しない場合。

Q4: USB18FIO-ADタイプでデータロガーを実行したところ、ADデータがふらつく。
A4: ADポートはオープンなので、アナログ入力をしていない時はデータが不安定になります。ADポートに入力するとデータが安定します。入力をしているか確認してください。

Q5: デジタルIOの内部回路はどうなっていますか?
A5: USB18FIO-ADタイプの場合、入力はオープン、出力はLoになっています。 付属品の抵抗を取り付けると入力はプルアップされHiになります。取り付け方は、”ユーザーズマニュアル”の”ネットワーク抵抗の実装”を参照してください。
USB18FIO-DIOタイプの場合、電源投入直後は全て入力モードとなっているためオープンになっています。出力で使用する場合Cdusb18_SetDir関数にてデバイス出力方向設定を実行してから使用してください。その場合、初期値はLoが出力されます。Hi出力する場合はこの関数実行前にポート出力関数にてデータをHi("1")に確定してください。

Q6: Cdusb18_ADGet関数で取得したデータを電圧値にしたいのですが。
A6: ADデータは0〜5Vの電圧値を10bitで取得します。取得したデータは以下の式にて電圧値になります。
電圧値(V) = 取得したデータ(10bit) * (5 / 1023)

Q7: Cdusb18_ADStart関数にてAD入力をしたいのですが。
A7: この関数にてAD入力を行うと、設定したサンプリング時間でデータを収集できます。但し、1回に収集出来るデータは300データとなります。
使用手順は、Cdusb18_ADStart関数にてサンプリング時間を設定しAD入力を開始します。この段階でUSB18FIO-ADのユニット内にデータがあります。Cdusb18_ADStatus関数にて収集状況を確認後、Cdusb18_ADStop関数にてAD入力を停止し、Cdusb18_ADGetArray関数にてデータをPCへ取り込みます。
サンプリング時間についてはμSec単位での設定ですがAD変換時間より短い時間の設定では正常なデータを取得できません。変換時間についてはCdusb18_ADTime関数を参照してください。

Q8: Cdusb18_ADStart関数とCdusb18_ADGet関数の違いは何ですか。
A8: Cdusb18_ADStart関数の場合、指定したサンプリング時間でAD入力を行います。
Cdusb18_ADGet関数の場合、PC側のアプリケーションでこの関数を実行したタイミングでAD変換を開始しデータ入力を行います。